ニキビ跡の化粧水には何を使えばいいの?

ニキビ跡の化粧水は何を使えばいいの?

ニキビ跡は、化粧水で治せる!?


hissjdhskds

思春期が過ぎて大人になっても、ニキビに悩まされる人は多いもの。大人になってからのニキビは、せっかく治ったと思ってもニキビ跡が残ってしまって、さらに目立ってしまうこともありますよね。

できてしまったニキビ跡は、時間とともに少しずつ消えていきますが、完全になくなるまでにはかなりの時間がかかります。炎症が続いていたり紫外線を浴びたりしてしまうといつまでも正常な肌に戻らず、数年間ニキビ跡が残ってしまうこともめずらしくありません。

こうしたニキビ跡は、ニキビの炎症による毛細血管からの内出血や細胞が破壊された跡で、肌内部に起きたダメージが皮膚の外側から透けて見えているものなのです。

人の肌はターンオーバーにより一定の周期で生まれ変わっているので、本来なら古い角質は垢となって剥がれてしまうため、傷ついた表皮も1ヵ月ほどで新しい皮膚になるのですが、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れなどによりターンオーバーが乱れてしまうと、新しい皮膚に生まれ変わらず、ニキビ跡も長期間、残ってしまうのです。

ニキビ跡ができないような生活を心がけることが理想ですが、できてしまったニキビ跡も、実は化粧水でケアすることが可能です。

ニキビ跡には、ビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめ!

ニキビ跡が残ってしまったら、皮膚科や美容クリニックでレーザー治療をするという方法もありますが、そこまで本格的な治療は手間や予算的にも抵抗がある方も多いでしょう。

それほど重症なものでなければ、ビタミンC誘導体が配合された化粧水でのセルフケアで改善が期待できます。ビタミンC誘導体とは、ビタミンCをより吸収されやすい形に変化させたもので、美白成分としても有名な成分。

炎症を抑える作用があり、さらに、ニキビ跡が色素沈着する原因となるメラニン色素を作らせないよう予防する効果もあります。

ニキビ跡のタイプ別におすすめの化粧水

ニキビがやっと治ったと思ったのに、その後にできてしまったニキビ跡には憂鬱になりますが、化粧水でのセルフケアで改善できれば嬉しいですよね。

ニキビ跡を化粧水でケアする際は、ニキビ跡のタイプ別におすすめの化粧水も異なってきます。ニキビ跡にはどんな化粧水がよいのか、ニキビ跡のタイプ別に見てみましょう。

●赤みのあるニキビ跡
赤みを帯びたタイプのニキビ跡は、初期段階のニキビ跡。赤みの原因は肌が炎症を起こしていることによるものです。炎症がおきている間は皮膚を傷つけて新たな肌トラブルを生む場合がありますのでまずは炎症を抑え、健康な肌状態に導くことが重要です。ニキビの炎症を抑えるにはビタミンCでも良いですが、より肌に浸透しやすいビタミンC誘導体を配合した化粧水でケアするのがおすめ。また、健康な肌には保湿が不可欠なのでヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が含まれた化粧水を選びましょう。
●色素沈着したニキビ跡
ニキビの跡が紫色や茶色のシミになって残ってしまったものは、赤みが出た後にさらに炎症が起こり毛細血管が内出血を起こしたもの。紫外線を浴びてしまうと紫色から茶色のシミに悪化します。色素沈着タイプのニキビ跡には、肌のターンオーバーを活性化させる化粧水がおすすめ。アルブチン、プラセンタエキス、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体などの「美白成分」が配合された化粧水を選びましょう。また、紫外線を浴びるとさらにニキビ跡が濃くなり消えにくくなりますので、紫外線対策をしっかり行うことも重要なポイントです。

fgdjshdjklsjdksjdhjs