ニキビ跡に効く化粧水は、どれ?

ニキビ跡に効く化粧水は?どれがいいの?

ニキビ跡の種類とケアの方法について

読了までの目安時間:約 3分

ニキビ跡には、どのような種類があるのでしょうか?

ニキビ跡には、大きく分けて3つの種類があり、それぞれケアの方法に違いがあります。

赤いニキビ跡
赤いニキビ跡は程度の軽いものが多く、ニキビでできた肌の損傷を治癒しようと、炎症を起こしている状態です。

ですから抗炎症作用のある化粧水を使用する事で、比較的早く跡を目立たなくすることが可能です。

赤いニキビ跡なら化粧水での改善が見込めるので、ターンオーバーをサポートするビタミンC誘導体などが含まれている化粧水がオススメです。

黒いニキビ跡
黒いニキビ跡は色素沈着をしてしまっている状態であり、美白しながらターンオーバーを促してあげる事で改善する可能性があります。

黒いニキビ跡も化粧水での改善が見込めるのでターンオーバーの促進を促すビタミンC誘導体やトラネキサム酸、水溶性プラセンタエキスなどの美白効果のある成分の配合された化粧水を選ぶとよいでしょう。

クレーターニキビ跡
クレーター状に凹凸ができてしまったニキビ跡の場合は、強い炎症などにより真皮層まで損傷してしまった状態です。ですから化粧水だけでは改善が難しいでしょう。

浅い凹凸であれば、コラーゲン生成を手助けしてくれるビタミンCや、細胞組織を修復してくれる作用があるプラセンタなどの成分を配合している化粧水を使用してみるのも1つの手です。

かなり時間はかかりますが少しくらいなら薄くすることも出来るでしょう。

しかし深く凹凸ができてしまっている場合や、しこりやケロイド状になってしまっている場合は、化粧水などのセルフケアでは改善すること難しいでしょう。

この場合は、医療機関でレーザーなどを用いた治療を行っていくのが効果的です。

また、ニキビ跡を改善したい時は、アルコール成分、石油系界面活性剤の含まれているものは避けるようにしましょう。

肌の乾燥が悪化してしまったり、皮脂が過剰に分泌してしまったりするので、改善の妨げになってしまいます。

 

ニキビ跡

この記事に関連する記事一覧