ニキビ跡に効く化粧水は、どれ?

ニキビ跡に効く化粧水は?どれがいいの?

肌ダメージを悪化させないために、避けておきたい成分は?

読了までの目安時間:約 2分

肌にダメージがある状態の時は肌が通常よりも敏感になっています。肌が敏感になっていると、いつもはなんともない様な化粧水の成分などにも肌が過剰な反応を示してしまう事もあります。

そこで、肌にダメージがある時に気をつけておきたい化粧水の成分について紹介していきます。

合成界面活性剤
ラウレス硫酸Na、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリルなど、石油系界面活性剤は、肌のバリア機能を溶かしてしまい、さらに肌のダメージを悪化させてしまう可能性があるので、特にきおつけたい成分の1つです。
パラベン
メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベンなどと表記されている防腐剤の一種。

パラベンは刺激が強い成分ななで、肌ダメージで弱っている時には避けておいた方が良いでしょう。

エタノール
エタノール、無水エタノール、セチルアルコールなど、殺菌や消毒効果の高い成分ですが、肌の水分を奪いやすいので乾燥しやすく、肌ダメージの種類によっては注意が必要です。
レチノール
レチノール、パルミチン酸レチノール、酢酸レチノールなど、ピーリング効果があり、ターンオーバーを促進させる成分。ピーリング効果があるので、肌に与える刺激が強くダメージがある時の敏感になってしまっている肌の場合、赤みや刺激が出てしまう事があります。

このように、気をつけておきたい成分は様々なものがあるので、肌にダメージがある時には化粧水の成分をしっかりと確認して使用する事で、肌ダメージの悪化を防ぎましょう。

 

ポイント

この記事に関連する記事一覧